堀道広『 葉山 金継ぎ部 』


葉山 金継ぎ部
せんせい:堀道広さん
著書『おうちでできるおおらか金継ぎ』『青春うるはし!うるし部』等

※ 2020年3〜5月はお休みでしたが金継ぎ部を再開します。次回は8/22(土)になります。

「お気に入りの器が割れたり欠けてしまって悲しい思いしたことありませんか?」
大好きな器ほどよく使う。
よく使うから少しくらい欠けたりするのは仕方がないと思いつつ、やっぱりショックですよね。
きれいに修復することができたら嬉しいのになぁ。
そんな悩める方にお勧めなのが「金継ぎ(きんつぎ)」という古来からの器修繕技法。
陶器の割れや欠けを漆(うるし)で補強し、金粉や銀粉を蒔きつけて美しい景色に仕上げます。

先生は、漆芸家で漫画家の堀道広さん。
一見対極とも思える二つの職種をお仕事にされているユニークな方です。
あらはばきにて定期的に「金継ぎ教室」を行っています。
多くの工程を丁寧にじっくりと時間をかけて挑戦することができますよ。
器好きで金継ぎにご興味のある方。
堀さんとおしゃべりしながら、ゆっくりと器のお直しをしてみませんか?

活動日:毎月第4週土曜日 午前の部(10時30分〜12時30分ぐらい)/ 午後の部(14時〜16時ぐらい)

場 所:神奈川県三浦郡葉山町堀内1508-3 ARAHABAKI 店内 2階スペース

参加費:1回 4,000円 (材料費込)
5回以上、通っていただけると丁寧に工程を進めることができます。8年以上参加されている部員さんもいらっしゃいます。
お支払い方法は現金払いのみです。

持ち物:修繕したい器(陶器、磁器など)、エプロンまたは割烹着、器を入れて持ち帰る為のダンボール箱、内履き

< 注意事項 必ずお読みください! >
※器の仕上がり程度によって参加回数が変動しますので、先生とご相談ください。最短で5回です。
※材料費に含まれるのは真鍮粉/銀粉/錫粉となります。金粉で仕上げたい方は先生とご相談ください。(粉を蒔く工程は早くて4〜5回目からとなります。)
※修繕対象は小さく欠けた器、または、割れた器(破片を紛失しても修繕可能)となります。部員の皆さんは平均して5個程度お持ちいただいております。
※ガラスと土鍋の修繕は可能ですが、修繕してもお料理の器や直火鍋としてお使いいただけません。
※金継ぎ部は大人限定の活動とさせてください。お子さんやペットの同席はできません。
※個人差はありますが、漆は天然素材なので体質によってかぶれる場合があります。体調にも左右されます。「かぶれやすい」体質の方は、袖付きエプロン・割烹着の着用や、肌露出のない服装などに気を使っていただければと思います。なお、漆かぶれに関して医療補償などは負いかねますのでご了承ください。
※修繕過程上やむなく器を動かせない場合のみ、器をお店でお預かりいたします(他所で開催されている堀道広『金継ぎ部』では器の保管不可)。但し、器の状態・保管管理はしておりません。また、紛失・破損につきましては責任をおいかねますので予めご了承ください。
※お申し込み後やむなく欠席する場合、教室のある週の月曜日(毎月第4週月曜日)午後6時迄にメールでご連絡ください。申し出がない場合はキャンセル料金が発生いたします。ご了承お願いいたします。

■お申し込みフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

申し込み日時 (必須)

ご住所 (必須)

ご連絡の取れる電話番号 (必須)

質問や伝言がございましたらどうぞ!
(複数でお申し込みの場合は参加される人数と全員のお名前を明記してください。)

<ご返信ついて>
フォームよりお申込みいただいた場合、必ずあらはばきからメール返信をしております。
お申し込み後、数日経過してもメール返信がない場合、フリーメール使用(yahoo、gmail等)の原因による未着が考えられます。
お手数をおかけしますが、フィルター制限解除などフリーメール環境設定を変更してから、再度フォームよりお問い合わせお願い致します。

<お休みされている部員の皆様へ>
基本的にご参加はお好きなときにお願いしたいですが、ご参加が7カ月以上空きますと器の管理が難しくなります。
恐縮ではありますが、該当する方の器は送料着払いで返却させていただきます。ご了承お願いいたします。

<運営会社>
ハイファイ有限会社
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内1508-3


メールニュースに登録する